寄付先として人気の自治体

「福井県小浜市」若狭米こしひかり・若狭牛・ズワイガニなどが人気


福井県小浜市(おばまし)のふるさと納税の返礼品として人気なのが「若狭米こしひかり」。ふるさと納税サイト「さとふる」の口コミを見てみても、もちもち・ツヤツヤとしたお米で満足された方の声が多く見られます。コシヒカリといえば誰もが知る米となっていますが、もともとの誕生はこの福井県です。


小浜市の返礼品は他にも、三ツ星若狭牛(すきやき用)、上杉の小鯛ささ漬、鯖缶詰、焼き鯖すしセット、特別栽培米「ひまわり米」、匠の技・かぎ孫ののどグロ昆布締め、鮭の昆布締めと若狭ぐじの笹漬けなど魅力的な名産品がいっぱい。冬にはズワイガニ・セイコガニも。


小浜市へのふるさと納税は、インターネットによる寄付はふるさと納税サイト「さとふる」で行うことができます。書面による寄付は、小浜市ホームページから寄付申込書をダウンロードして必要事項を記入する形で申込み可能です。


寄付金の使い道は?


小浜市にふるさと納税すると、以下のような用途に使われることとなります。


1、産業振興 (農林水産業や観光振興など)
2、教育振興 (教育分野の充実)
3、指定なし


小浜市の概要


小浜市は福井県の中でも西のほう、滋賀県や京都府にも近い場所に位置しています。重要文化財・国宝が多数あるので通称「海のある奈良」とも言われています。2014年に舞鶴若狭自動車道が全線開通したことにより、遠方からも海水浴などの観光旅行で訪れやすくなりました。


オバマ大統領が大統領に就任した2009年からは、名前が同じということでも話題となっています。「オバマを勝手に応援する会」というユニークな名前の会も発足しています。また、小浜市は、NHK連続テレビ小説の「ちりとてちん」の主人公の故郷ということもあり、ちりとて落語の会が寄席を行い、はまかぜ商店街活性化に一役買っています。このように、ここ何年かは話題にことかかず、全国的にも知っている人の多い自治体となっています。


そんな小浜市へは私は2015年・2016年の2年連続で夏に海水浴旅行へ行きましたので、実際に行ってみて分かった小浜の魅力をここでご紹介します。


車でのアクセスが良くなった


2014年に舞鶴若狭自動車道が開通したことで、大阪方面・名古屋方面からも車で行きやすくなりました。小さなお子様連れの方の場合、旅行での移動時間はなるべく短めに抑えたいところですよね。


ちなみに、2015年に小浜へ行った時には、うちのナビが古いままで高速をひろわなかったので、間違えて途中から下道で行ってしまいました・・・。カーナビを最新のものに更新していない方は注意しましょう。


若狭フィッシャーマンズワーフ


若狭フィッシャーマンズワーフからは、蘇洞門(そとも)めぐりのできる遊覧船でクルージングを楽しめます。日本海の荒波による迫力満点の景色を味わえます。


他にも旬の海の幸が楽しめるレストランや、新鮮なお寿司・お魚・若狭のお土産が豊富に揃えられています。小浜市へ旅行で訪れるならぜひ立ち寄りたい人気スポットです。


料理が美味しい!


海水浴場のすぐ近くの民宿に泊まったのですが、日本海のすぐ近くということもあってか、魚介類が本当に美味しかったです。冬のズワイガニの季節には早めに予約をしないといっぱいになってしまうのだとか。


夏は海水浴・冬はズワイガニ。小浜へ観光旅行するなら夏か冬のどちらかの季節が特にオススメです。


海がキレイ!


市街地から歩いて行ける「人魚の浜海水浴場」が有名で、近くには旅館やホテルが多くあって便利な場所です。


私が泊まった旅館の近くの海は「西小川海水浴場」と呼ばれ、キレイな遠浅の浜が特徴的な海水浴場でした。かなり沖の方まで行っても足がつくので、子供連れの方にはとても向いている海水浴場だと思いましたよ。泳げないという方でもかなり沖のほうへ行けるので、いつもとは違った海水浴体験ができるはずです。


ここの海はかなり綺麗で、波打ち際の砂浜に近いところにも、10センチくらいの魚がたくさん泳いでいて、つかまえようとしている人を多くみかけることができます。私もつかまえようと頑張りましたが、動きが早すぎて無理でした。


小浜市へのふるさと納税は、ふるさと納税サイト「さとふる」にて行えます。


ふるさと納税の基礎知識

 

人気のふるさと納税ポータルサイト

 

寄付先として人気の自治体

 

節税お役立ちコラム

 

控除・税金お役立ちコラム