寄付先として人気の自治体

「千葉県八千代市」都心から30キロ圏内!京成バラ園など自然広がるまち


千葉県八千代市(やちよし)へふるさと納税により寄付すると、八千代産のお米(5kg)と「特別純米・やちよ桜」(720ml)のセット・【地元ブランド】充実みそセット(赤・白・合わせ・熟成)・「やっち」焼菓子ギフト・スイーツアリッサムおすすめ焼き菓子詰め合わせ・八千代の焼きド・「京成バラ園」のバラの鉢植え・【お食事券】 旅路御膳+おみやげ付などの返礼品がもらえます。


ふるさと納税サイト「さとふる」から八千代市へのふるさと納税を行えます。


寄付金の使い道は?


八千代市への寄付金は「快適な生活環境とやすらぎに満ちた都市 八千代」を目指すために以下のような目的に活用されていきます。


1、健康福祉都市をめざして
2、教育文化都市をめざして
3、環境共生都市をめざして
4、安心安全都市をめざして
5、快適生活都市をめざして
6、産業活力都市をめざして


以下、八千代市在住の方による、八千代市の特徴やおすすめスポットのご紹介です。


八千代市の便利な勝田台駅


八千代市の勝田台駅は京成線の特急が止まる駅で、東葉高速線の始発です。多くの通勤者や通学者で賑わいます。成田空港まで片道40分くらいです。東葉高速線で都心へ向かうなら、始発駅だからずっと座っていられます。


さらに駅の北口と南口のどちらもバスが何本も走っていて、バスで市外へ簡単に行けます。四街道市などのJRの駅しかない近隣の場所へ行くときはここから出るバスで行くことができます。八千代市民の便利な交通の足となっています。


花が豊かな八千代市の名物 京成バラ園


八千代の市の花はバラです。そして八千代市には八千代花と緑の応援団というバラの育成を通じて地域の人々の交流を促進する団体があります。そんな八千代市のバラの名物が京成バラ園です。千葉県有数のバラ園で、毎年6月と秋ごろはバラの旬ということで多くの来客で賑わいます。市外からの来客が少なくありません。


バラ園には併設でレストランがあり、普通の洋食メニューの他にバラのソーダが飲めます。バラのアイスクリームも人気です。バラ尽くしで癒されたい人におすすめです。


八千代市内で最大規模のショッピングモール


東葉高速線の八千代緑が丘駅のすぐ隣にはイオンモール八千代緑が丘があります。市内で最も規模が大きくて店舗数が充実しているショッピングモールです。カルチャーセンター、ファッションの店、輸入食品店、フードコート、ゲームセンターがありますが、輸入食品店は市内では他に少ないので貴重です。


市内の他のショッピングモールよりも若者向けのファッションが充実しています。緑が丘駅を挟んで映画館もすぐ近くにあるので、一日中遊べます。


八千代市内で千葉の名産を買うなら千葉ピーナッツ


八千代市の住民がお盆や年末年始に各々の田舎へ帰省するとき、千葉県や八千代市の手土産を買うために千葉ピーナッツを利用することが多いです。


千葉ピーナッツは、本来はピーナッツを売る店ですが千葉県の名産を取り扱ってもいて、県内の複数箇所に店舗を構えていますが、店のある市に合わせて商品が少しずつ異なります。


八千代市の千葉ピーナッツの場合、他店舗より八千代市とその近隣の名産の菓子が充実しています。主に梨のゼリーやビワのゼリー、地域の焼き菓子を買うことができます。菓子以外には漬け物も売っています。


日本初の大規模団地の発祥が八千代市


現在はベッドタウンとして着々と発展している八千代市ですが、日本初の大規模団地ができたのも八千代市です。八千代台団地と言います。宅地開発で新しいマンションが見られる中、昔ながらの古い他の団地があちこちに残っていて、団地と合わせて工場も多いです。


八千代台団地そのものは現在は当時の面影を見られませんが、日本初の団地の発祥の記念碑は京成八千代駅の西口ロータリーで見られます。昭和45年4月22日に建てられました。


ふるさと納税サイト「さとふる」から八千代市へのふるさと納税を行えます。


ふるさと納税の基礎知識

 

人気のふるさと納税ポータルサイト

 

寄付先として人気の自治体

 

節税お役立ちコラム

 

控除・税金お役立ちコラム