寄付先として人気の自治体

「群馬県吾妻郡中之条町」千と千尋の神隠しのモデル?感謝券で四万温泉へ


群馬県吾妻郡中之条町(なかのじょうまち)へのふるさと納税は、ふるさと納税サイト「ふるなび」から行えます。寄付金額の半額に相当する感謝券と地元の特産品がもらえます。おまけでもらえる特産品が何かは届いてのお楽しみですが、他の自治体と比較してもこの還元率の高さは注目すべきでしょう。


感謝券が利用できる場所は中之条町内に豊富にあります。四万・六合・沢渡など中之条町に多くある温泉旅館、そば・山の幸など地元の料理が楽しめる飲食店、渓流でのラフティングやカヌー、山の景色を楽しめるドライブの休憩に使うコンビニやガソリンスタンド、、、などなど。中之条町への温泉旅行・観光旅行をする予定のある方には使い勝手が良いかと思います。


以下、故郷が中之条町という方に、中之条町のオススメスポットを紹介いただきます。


小渕恵三が生まれ育った街・中之条


群馬県中之条町は、「平成おじさん」こと小渕恵三元総理が生まれ育った街。生涯学習施設「ツインプラザ」の前には、彼の業績を讃える銅像が建立されています。


平成の地方自治にかかわる重要政策に取り組んだ元総理の故郷とあってか、ふるさと納税のプランの中には、一日町長に就任できるものもあります。100万円以上の寄附で選べるプランで、2015年にはアニメ脚本家の大和屋暁氏が初めて、このプランにより一日町長を務めました。


『千と千尋―』のモデルとされる四万(しま)温泉


中之条町の市街地から国道353号線を車で北に進むと、メロディラインがあり、タイヤから音楽が聞こえてきます。流れるのは、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』。


その音楽に引き込まれるかのようにさらに北に進むと、上毛かるたで「世のちり洗う」と謳われている、四万温泉が見えてきます。温泉街の奥にある積善館は、映画のモデルと噂される地の一つ。もしかしたらこの橋に行くとカオナシに会えるかもしれません。


山の中の小さな映画スタジオ「伊参(いさま)スタジオ」


周囲を山々に囲まれ農山村の景観が残る伊参地区。廃校となっていた中学校の木造校舎を使った「伊参スタジオ」は、映画『眠る男』の撮影拠点として使われました。『眠る男』は、日本で初めて地方自治体が製作した映画で、群馬県の人口が200万人に到達したことを記念して作られました。


現在は『眠る男』のセットを復元したものや、スタジオで撮影された映画の資料が展示されています。毎年秋には映画祭が開催され、作品上映やトークショーが行われます。


日本国道最高地点、標高2172m


中之条町は2010年、旧六合村と合併し、長野県に接する自治体となりました。国道292号線の県境の手前には、標高2172mと日本の国道としては最も高い地点を示す石碑があります。眼下には絶景が広がり、殺生河原や草津温泉、遠くには榛名山や赤城山、天気が良ければ富士山も見ることができます。


県境で2県にまたがって建つ珍しいホテル「渋峠ホテル」では、この地に到達したことを示す証明書が購入できますので、記念にいかがでしょう。


手間ひまをかけて作られたこだわりの漬物「沢田の味」


標高差が大きい中之条町では、その標高差を活かし、様々な野菜が生産されています。あがつま農業協同組合が販売する「沢田の味」は、四季折々の自然の風味が感じられると評判の漬物ブランド。


安心で高品質な漬物を作ろうと、農家と契約して原材料のほとんどを地元・群馬県吾妻郡産のもので賄い、低塩・低糖に仕上げ、保存料・着色料は一切使わないというこだわりを続け、地元の人に愛されています。鉄砲漬やしょうがたまり漬などが人気です。


中之条町へのふるさと納税は、ふるさと納税サイト「ふるなび」から行えます。


ふるさと納税の基礎知識

 

人気のふるさと納税ポータルサイト

 

寄付先として人気の自治体

 

節税お役立ちコラム

 

控除・税金お役立ちコラム